2月

27

ムダな毛の処理

自宅でムダな毛の処理を行っていると、少なくない確率で炎症の跡が残ってしまいます。
その箇所のみ色が変わると、肌が汚れて見えてしまいますので、色素沈着を起こさない処理方法を選んでください。
予期せずシミが出来てしまった場合には、フォトフェイシャル効果でシミを消す方法を受けるといいかもしれません。

脱毛後のケアは仕上がりや持続性に影響しますので、入念にサロンからの指示を守って保湿します。
脱毛後、周りの肌は乾燥したり、毛穴が目立ちやすくなったりしやすいのです。
乾燥は多くのトラブルの元。
それを予防するためには保湿は普段よりもしっかり行いましょう。
さらに、脱毛を行った部位には紫外線の刺激を避けることも大事です。
温泉や岩盤浴では雑菌の感染が考えられます。
そのような場所にはなるべく行かないでください。
女性なら誰でも気になるムダ毛。
気になるパーツは、脚や腕といった部位に加え、1本でも生えていると幻滅されてしまう脇が一般的ですが、ここ数年では、ビキニラインなどのアンダーヘアのムダ毛処理を検討する女性も多くなってきています。
さらに、うなじや鼻と口の間、手足の指の背、胸の周りやおへそ周り、背中から腰にかけてのラインなど、脱毛したいパーツは人それぞれですし、髪の毛や眉、睫、アンダーヘアといった必要な毛以外の全てを完璧に脱毛して、ムダ毛の悩みから一生解放されたい、なんていう女性もいます。
ムダ毛サロンによっても対応している部位が異なります。
ニードルと呼ばれる針を使う脱毛は毛穴一つ一つに針を入れてわずかな電気を通し、毛を作り出す毛母細胞を破壊するというものです。
とても手間がかかることですし、最も強く痛みを感じる方法かもしれませんが、最も永久脱毛と呼ぶにふさわしい効果が期待できます。
高い技術を身につけた施術者に処理してもらえるなら、これからは無駄毛の悩みから解放されるでしょう。
フラッシュ脱毛とは光脱毛とも呼ばれていて、脱毛サロン、更にはエステの脱毛コースでも主流とされている方法です。
光を肌に照射し、肌の奥のムダ毛を作り出す発毛組織に働きかけダメージを与え家庭用に作られた光脱毛器もありますので、おうちで光脱毛することも可能です。
クリニックで受けられるレーザー脱毛に比べれば、痛みは弱いと言えますし、産毛のような薄い色の毛にも反応するのが特徴と言えるのではないでしょうか。
家庭用の脱毛器を使用した脱毛後は、お肌がほてったり赤くなることがありますが、こすらず、すぐに冷やすようにするとじきに治まります。
肌が赤くなるのは脱毛処理に伴う炎症のせいですので、症状が出ている部分を清潔に保ち、汗をかかないように気をつけ、保冷することが大切です。
冷やしても炎症が良くならないときは、そのままにせず、皮膚科で相談しましょう。
炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、放っておいたり、市販薬などに頼らず、専門医に診てもらうべきです。
家庭用脱毛器LAVIEは、IPL脱毛方式です。
IPL光というのは、シミやそばかすなど肌のメラニン色素に作用するため、以前からフェイシャルエステなどで使用されていました。
7段階とこまかくレベル調整が可能なのが特徴です。
美顔用カートリッジをセットにしたパッケージもありますが、別売であとから購入しても3100?3500円程度で済みます。
このカートリッジを使えば美顔器としても使用できます。
手の届きやすい価格なのに、憧れのすべすべ肌が得られると好評です。
全体満足度が高いのは、費用対効果が高いということなのでしょう。
購入候補として検討してみる価値は、かなりあるのではないでしょうか。
美顔のことばかり書きましたが、ラヴィはデリケートな部位や毛の濃い部位にも対応しているため、脱毛サロンなどに通わなくても、Vライン(アンダーヘア)の脱毛ができ、硬い毛質でも薄くなる効果が実感できるという声が多く寄せられています。
アンダーヘアの自己処理に使う脱毛器を探しているのであれば、ユーザーレビューだけではなく、メーカー仕様をよく確認して、アンダーヘア脱毛対応機種を選ぶことが大事です。
脱毛はできても、アンダーヘア非対応の機種がありますので、そのようなもので脱毛をすること自体が危険ですので、火傷を伴う事例が報告されていますし、炎症を起こしたケースもありますから、注意が必要です。
というわけで、アンダーヘアの場合は対応している機種を選ぶことが第一条件ですが、その次はなにかというと、出力が調整できるタイプがおすすめです。
痛みや脱毛を最小限に抑えて脱毛することができます。
ソイエは家電大手のパナソニックが販売している脱毛器ですが、専用のヘッドで複数の毛を根元から抜く方式のため、慣れないうちはかなり痛さを感じるようです。
敏感な部位への使用は難しいでしょう。
毛抜きで皮膚ごと引っ張るより負担が軽く、一度に複数の毛が抜けるという点では優秀ですが、やはり刺激になるのか、脱毛後に埋没毛ができてニキビができたとか、痛くない毛も痛い毛も選ばずに一気に抜くため血が滲んだなどのデメリットもあるようです。
お風呂で使える手軽さや、消耗品の買いやすさなどもあり、それなりに使われているロングセラー商品です。
脱毛を繰り返すことで抜けやすくなり、痛みが減っていくという意見もあります。
減る前の痛みがどのくらいかは、使ってみなければわかりません。
ある程度の覚悟があれば、使えるかもしれません。
脱毛でレーザーを使用するというのは、脱毛をしたい部分にレーザーを当ててもらい、ムダ毛を生成する組織を破壊してしまう方法です。
光脱毛よりも出力が大きいので、肌に悪影響を与えることがあり、強い痛みを感じることも多いです。
医師の監督を受けてでないと行いない方法ではありますが、家庭で使えるレーザー脱毛器も売られています。
リンリン予約

Posted in 美容 | Tagged | ムダな毛の処理 はコメントを受け付けていません。