12月

3

キャッシュバックは時期と申請方法も大事

光回線を申し込むと受け取れるキャッシュバックは、実際にキャッシュバックされる時期と申請方法の2点にも注意しておく必要があります。キャッシュバック時期は早いところでは開通翌月、遅いところでは開通から約1年後と幅があります。
光回線キャッシュバック条件の比較

キャッシュバック申請方法はお申込み時の電話口で振込口座番号をお伝えするだけという最も簡単な方法を採用する代理店が最近増えてきています。

この方法を採用している代理店が最も手間がかからず簡単確実な方法ですので還元率は100%となっており、一番のおススメどころです。

あとは案内メールに振込口座番号などを書いて返信する形やWeb申請が必要なところ、申請書の返送が必要なところなどさまざまあります。代理店によってはこれらを複合してWebと書面でのダブル申請が必要となるところもあります。

そういったところは明らかに何らかの申請ミスを誘っていますので、あまりおすすめはできません。

まぁそういった面倒な方法を採用しているところの中にはキャッシュバック金額がかなり高額なところもありますので、キャッシュバックの金額、時期、申請方法をすべて見て総合的に判断し、面倒な申請方法やキャッシュバックの遅さなどに納得した上であればそういったところに申し込むのもアリだと思います。

そういった場合にはキャッシュバック申請を受け付けている時期や申請手順をしっかりと確認しておくことで、何らかの申請ミスを起こさないよう気を付けておきたいですね。

Posted in IT | Tagged , | キャッシュバックは時期と申請方法も大事 はコメントを受け付けていません。